この季節、突然の豪雨や梅雨の長雨で、全身びしょ濡れで出社したり、帰宅することがあると思います。

 

そんな時、皆さんカバンや洋服の水気は入念に拭き取りますが、足元の靴まで気を配れる方は少ないように思います。

お気に入りの靴が濡れてしまい、明日も履いていきたいのに中々乾かなくて途方にくれてしまうなんて事がありませんか。

 

そんな時、ドライヤーで直接靴に熱風を掛けて一気に乾かす行為は、絶対にやってはいけない方法です。

 

大事な靴を駄目にしてしまう危険をはらんでいます。

 

熱により靴底を接着している接着剤が溶けてしまい、最悪の場合は靴底が剥がれてしまうこともあります。

 

と言う事で、ドライヤーを使用しての無理な乾かし方はやめましょう。乾燥機に放り込むなどもっての他です。

 

それではどうやったら濡れた靴を早く安全に乾かすことができるのでしょうか。

 

準備するものは、読み終えた古新聞です。

 

新聞紙一枚を半分に裂き、丸めてつま先から踵の部分に詰めていきます。

数分も経てば新聞紙が水分を吸収してくれますので、それを何度か繰り返していると靴の水分が取れてくるはずです。

ある程度水分が抜けたら、最後に乾燥剤の登場です。

おせんべいや海苔の中に入っているものを捨てずに有効活用しましょう。

乾燥剤と新聞紙を交互に詰め暫く放置しておくと、思いのほか早く乾くと思います。

 

しかし、乾いたと思ったら、今度は靴から嫌な臭いがしてくる場合があります。

 

そんな時は、10円硬貨を靴の中に敷き詰めておきましょう。

 

銅の殺菌作用で消臭効果が見込めるでしょう。

 

それでも臭いが気になるようでしたら、備長炭を入れておくのも効果的です。

梅雨の時期でも、靴濡れ対応を知っていれば、少しは憂鬱な気持ちも楽しくなることと思います。

 

大事な革靴を長く履くには、梅雨時期のケアが大切です。