肌の黒ずみ解消をサポートするクリームといっても、さまざまな製品が販売されています。

たくさんある中なら選ぶのは難しいと感じている方もいるのではないでしょうか。

では、どのようにクリームを選んだらよいのでしょうか。
黒ずみの原因はメラニンの蓄積です。
黒ずみが気になりやすい部位はワキやデリケートゾーンですが、こういった部位は衣服と皮膚の摩擦が起こりやすくなっています。摩擦の刺激によってメラニンが生成されて、そのメラニンが肌に蓄積をすると黒ずみとなります。
黒ずみケアクリームには黒ずみの原因のメラニンにアプローチする成分が配合されているのですが、黒ずみアプローチ成分といっても2種類あります。
1つめはメラニンの生成を抑制する働きと、メラニンを薄くする働きの2つを持つ成分です。このタイプの成分には、ハイドロキノンとビタミンC誘導体があります。
もう一つはメラニンの生成を抑制する働きを持つ成分で、すでにできているメラニンを薄くする働きはないものです。この成分には、アルブチン、トラネキサム酸、コウジ酸、カモミラET、プラセンタエキスなどがあります。
今ある黒ずみをケアしたいなら前者の成分が配合されているクリームを選ぶとよいでしょう。後者の成分が配合されているものは、これからできる黒ずみの予防に役立ちます。また、後者の成分を使用し続けてメラニンの生成を抑制し、肌のターンオーバーが促されて肌に蓄積したメラニンが排泄されれば、黒ずみが薄くなることも期待できます。
黒ずみができている部位は刺激に対して敏感なので、無添加のクリームを選ぶことが望ましいです。刺激になるような成分が配合されていると、その成分の刺激によってメラニンの生成が促されてしまったり、肌のバリア機能が弱くなって刺激に対して敏感になってしまい、黒ずみができやすい状態になる心配があります。アルコール、パラベン、香料、着色料などは肌に刺激を与えやすい成分なので、こういったものが配合されていないクリームを選びましょう。
黒ずみのケアは毎日行うことが大切なので、使いやすいということも重要です。テクスチャーや香りなどの使いやすさも考慮してみてください。
黒ずみケアクリームには、美肌をサポートする成分が配合されていることもあります。このような成分が配合されていると、黒ずみのケアだけでなくより美しい肌に近づくことも期待できます。肌の乾燥はさまざまなトラブルの原因となるので保湿成分はおすすめです。

 

中でもお勧めのイビサクリームを最安値で購入する方法 >>>